スロージョギングとはどんな方法

スロージョギングとは、ゆっくり走るジョギングだから楽

スロージョギングとは、簡単に言えばゆっくり走るジョギング。ゆっくり走るから楽にジョギングできます。スロージョギングは、運動が苦手な高齢者などやお腹ポッコリの肥満な人でもできます。では普通のジョギングとスロージョギングの違いについて説明しましょう。

通常のジョギングとスロージョギングの違いは走る速さです。ジョギングのスピードが速くなるとつかれますよね。これは疲労物質乳酸が多く出てくるからです。この乳酸はジョギングの速度がある速度を超えてくると多く発生します。要はこのスピード以下で走れば乳酸の出る量も減り疲れないと言うことです。その速度は人によって多少の違いはありますが4〜5キロのウォーキングと同じ早さです。だったらウォーキングすればいいと思いますよね。

それがウォーキングとスロージョギングでは違いがあるのです。それは消費カロリーの違い。ウォーキングとスロージョギングでは消費カロリーが1.6倍も違いがあるそうです。同じ速さで走るのなら消費カロリーの多いスロージョギングの方がダイエット効果もあっていいですよね。そしてスロージョギングはさらにすごい効果があるそうです。

スロージョギングとはどんな方法 関連記事

スロージョギングの効果はあり

スロージョギングが健康にいいらしい。普通ダイエットをやりたければいろんなダイエット法に取り組む必要がある。健康になりたければいろんな健康法を試す必要がある。それこそ世の中にはいろんなダイエット法や健康法があります。これらダイエットや健康になる方法が一つの方法でできると便利ですよね。それがスロージョギ...続く

スロージョギングのさらなる効果と仕組み

スロージョギングの効果の仕組みを詳しく解説すると、人間が走るために使っている太ももの筋肉には白い筋肉と赤い筋肉があります。白い筋肉は速筋と言われ短距離を速く走るために力を発揮する筋肉。瞬発力はあるが持久力に欠けます。魚で言うとヒラメのように瞬間的に逃げられる白い筋肉を持つ白身魚。一方赤い筋肉は遅...続く

スロージョギングのやり方、走り方

スロージョギングは脳にも影響があるようです。スロージョギング体験者の話の中で悩みがなくなった、子供を怒る回数が減った、決断力がついて前向きになったなどの意見があります。これは脳にも何らかの影響が出たためと考えられています。脳が大きくなり決断力や判断力がついたようです。そんないいことばかりのスロー...続く

Top へ